葉ねぎ(葉ネギ) | 業務用葉ねぎ(葉ネギ)の仕入・加工・カット・卸売

HOME

葉ねぎ

葉ねぎ01写真を拡大葉ねぎ01
葉ねぎ02写真を拡大葉ねぎ02
葉ねぎ03写真を拡大葉ねぎ03
葉ねぎ04写真を拡大葉ねぎ04
葉ねぎ05写真を拡大葉ねぎ05

栽培プラントをフル活用し、
安定栽培・安定供給の水耕ネギを栽培。

水耕ネギは、土耕に比べて柔らかく辛みが少なくマイルドな食味が特徴です。葉ねぎには、アリシンという風邪予防・がん予防の効果がある成分が入っています。栽培プラントをフル活用して生産するため、安定的に栽培し、安定供給を行っています。自社で栽培から加工までの一連の流れを行うため、スピーディーかつ安全なネギを提供することが可能です。

栽培品種 冬品種:長寿、春・秋品種:鋭山、夏品種:さんさんネギ
栽培方法 水耕栽培 NFT・DFT
生産量 約400万束
栽培期間 通年栽培
回転数 年間6サイクル
特徴
  • 土耕に比べて辛味が少ない。
  • 柔らかくておいしい。
  • 夏は早い、冬はゆっくり生育。
  • 土着菌が少ない。
用途
  • 炒め物や丼や麺類、お好み焼きなどに活用できる。
面積
  • 8,567坪
栽培環境
  • ハウスにミストを設置しており湿度管理を行っている。
  • 年に一度のプラントリセットを行っている。
その他
  • LEDライトやCO2管理などの試験を進行中

水耕栽培の葉ねぎハウス

栽培管理

徹底した栽培管理を行い高品質のネギを常時安定供給できるように体制を整えています。

葉ねぎ栽培生産量、生産サイクル表、生育グラフなど

栽培風景

葉ねぎ加工について

袋入り、バラ、きざみ加工など、用途に合わせて自社工場にて加工しています。
きざみ加工の対応幅についてはお問合せください。

 加工について詳しくは
「加工場紹介」へ

葉ねぎに関するQ&A

Q.栽培時期はいつですか?
A.通年栽培を行い、365日出荷可能です。
Q.どの様なネギをつくっているのですか?
A.食卓を彩る、薬味用の葉ねぎを栽培しております。そうめん、冷奴などに最適です。
Q.水耕栽培のネギってどんな特徴がありますか?
A.みずみずしく、辛味も少なく、マイルドな風味になっています。土を使わないのでクリーンです。
Q.どうして新鮮なの?
A.収穫後、5℃の大型冷蔵庫に保管し予冷、加工場に入り加工され冷蔵便で当日に出荷されます。
Q.どんな人たちが作ってるの?
A.社員8名は、農業の高校や短大で勉強を積んでいて、円熟のベテランスタッフを中心に37名元気で真面目な方々です。
Q.今後は、生産量が増えますか?
A.農家さんと資本力が違い、戦略的に規模拡大し、1万坪のハウス面積を目指しております、また、お客様の要望に応え続けて参ります。
Q.客層は?
A.お客様としては、通年安定生産、安定出荷の為、セントラルキッチンを持つ外食、野菜のカット工場さんに支持されています。
PAGE TOP